ミニベロのメンテとカスタム Feed

ミニベロ大好きな男性にわりと多いのですが、「異常に軽量化」にこだわってしまう習性があります。

 
しょせんミニベロなので、どうかんばってもロードバイクに走行性のでは勝てません。軽量化を突き詰めたところで、走行性能の上限は決まっている…にも関わらず、目指してしまうのが軽量化という名の沼なのです。

 
筆者もダホンのEEZZ D3という16インチのコミューターミニベロを持っておりまして、コミューター用なので軽量化なんてしなくてもいい…のは百も承知なんですが、なんとか軽く出来ないものか?という妄想に囚われております。

 
なにかしら手段はあるのか?を長尾さんに教わってみました。



20210320_103137



筆者の愛車、EEZZ D3です。






 
続きを読む »

Kitt designといえば、フルカーボンのバトンホイールでおなじみです。


信頼性の高いNOVATEC社製ハブを採用していて、回転性能が良いのはまあ当然として、とにかく見た目がかっこいい。


空力とか、重量とかが二の次…になってしまう中毒性というか、我を忘れさせてくれる妖艶な魅力があります。

 
今回は、 Kitt designの「Kitt design Carbon Wheel」を紹介します。  



20210320_100128









 
続きを読む »

全国的…というか、世界レベルで自転車パーツが不足している状況が続いています。
 

自転車ニーズがそれだけ高まっているわけで、業界的には追い風…とは言えるんでしょうが、追い風もあまりに強ければ暴風になります。

 
いまはパーツが少なすぎて、にっちもさっちもいかないお店が多いそうな。

 
この状況はハクセン鳩ヶ谷も変わりはないのですが、独自ルートが有るのか、ナイショの裏技があるのか、比較的なんとか入荷を続けております。



ということで、TernのSURGEを1台、入荷しました~~。



20210320_101204








続きを読む »

ミニベロをいじるのがサンドのご飯より大好き!なハクセン鳩ヶ谷のメカニック長尾さん。
 

まあ、最近はソロキャンプにドハマリしているそうなので、もしかしたらミニベロいじりはNo1の趣味ではないかもですが、それはともかく、こないだ個人的にパーサー(ESR)を購入したそうです。

 
理由は「カスタマイズしたくなっちゃったからw」だそうで、途中経過を教えてもらいました。



20210220_105138



ちょっとかっこよく変身している…!





続きを読む »

筆者の愛用ミニベロ、ダホンのEEZZ D3なんですが、ハクセン鳩ヶ谷で購入してもうすぐ3年になります。めちゃくちゃ乗り回すって使い方ではなく、日常の足がメインなのでさほど走行距離は稼いでいませんが、それでも数千キロにはなります。
 

その間、チェーンもスプロケットも交換はしておらず、タイヤもそのまま。ワイヤー類もいじっていません。なので買ったときのママ今も乗っている…状態です。

 
そんなEEZZ D3くんですが、ついに異変が起きました。


ハンドルの回転性がやや渋くなってきたので、小屋敷さんに診断&修理してもらいました。


20210209_152602






続きを読む »

一般的にミニベロはワンサイズしかなく、どんな身長や腕&足の長さの人もそれに乗るしかありません。ロードバイクだと細かくサイズ展開が行われていますが、ミニベロは基本ワンサイズ・フォー・オールです。
 

ということは、大柄な方や小柄な人はどうにかこうにか調整して快適なポジションを見つけるしか無いわけですが、これがなかなか難しい…。

 
何をどれくらいどの方向に動かす、伸ばす、ずらす…のが正解なのかわからないことも多いですからね。

 
ということで、小柄な人が快適にミニベロに乗るためのコツを長尾さんに教えてもらいました。



20210220_101438






続きを読む »

ESRのミニベロ「パーサー」がハクセン鳩ヶ谷ではかなりの人気モデルになっています。
 
 
機械式ディスクブレーキを備え、流線型の美しいフレームで、カラーバリエーションも豊富。それでいて価格は62,500円(税別)とかなりリーズナブル…というのが人気の理由です。
 

このパーサーを長尾さんが個人的に1台仕入れ、これから鬼カスタマイズしていくそうな。べつにお客さんからの注文ではなく、完全に彼個人の趣味の話です(笑)。

 
どんなカスタマイズを施していくのか、計画を訊いてみました。




20210123_110342




長尾さん……いったい、どんなカスタマイズをしようというのか……





続きを読む »

ミニベロを買うとき、折りたたみ式かそうでないかでまず悩むものかと思います。
 

どっちを買えば正解とか、幸せになれるという話ではなく、使い方や用途次第ではありますが、ひとつ確実に言えるのは「折りたたみ式ミニベロは(使っているうちに)ヒンジ部分のネジが緩んでしまう」という宿命にあること。

 
折りたたみ式ミニベロのどのへんのネジが緩みやすいか、ミニベロを数え切れないほどメンテナンスしてきている長尾さんに訊いてみました。



20210123_103858



 ダホンのかわいいミニベロ、K3です(*^^*)
 





続きを読む »

2021年のアキボウのダホンに「DEFTAR(デフター)という ミドルグレードで軽量性が特徴のバイクが登場します。
 

完成車価格で¥98,000(税別)という比較的手を出しやすい価格帯なので、ベースモデルとして手に入れて、徐々にカスタムしていくのにぴったりじゃないでしょうか。



20201125_17h42_01





続きを読む »

ミニベロと言いましても、いろいろなホイールサイズがございます。ハクセン鳩ヶ谷での売れ筋でいいますと、451の20インチ~14インチあたりですね。

 
で、ミニベロに乗っていらっしゃる方なら分かると思いますが、ホイール径が小さいのでお尻が痛みやすい……ですよね?ロードバイクやクロスバイクよりも地面からの衝撃がガツン!と来ます。

 
なので、パッド付きのサイクルパンツを履いて乗るわけですが、それをしても痛いものは痛い。どういった対策ができるか、ハクセン鳩ヶ谷メカニックの長尾さんに訊いてみました。



20180421_153338






続きを読む »