ホイール&タイヤ Feed

最近はディスクブレーキがメインストリームになりつつありまして、リムブレーキのロードバイクってあまり話題になりません。が、新車はリリースされにくくても、すでに持っている!って方は多いはずです。
 

リムブレーキのカーボンホイールって、ブレーキシューが当たるので当然ながら経年劣化していきます。悲しいですが、いつか交換時期がやってくる…それがリムブレーキホイールの宿命です。

 
そこで、高価なカーボンホイールのリム面を保護するコツはあるのか、長尾さんに教わりました。
 



20170212_113326









続きを読む »

ミニベロと言いましても、いろいろなホイールサイズがございます。ハクセン鳩ヶ谷での売れ筋でいいますと、451の20インチ~14インチあたりですね。

 
で、ミニベロに乗っていらっしゃる方なら分かると思いますが、ホイール径が小さいのでお尻が痛みやすい……ですよね?ロードバイクやクロスバイクよりも地面からの衝撃がガツン!と来ます。

 
なので、パッド付きのサイクルパンツを履いて乗るわけですが、それをしても痛いものは痛い。どういった対策ができるか、ハクセン鳩ヶ谷メカニックの長尾さんに訊いてみました。



20180421_153338






続きを読む »

ディスクブレーキってよく利くし、雨の日も制動力が落ちないので便利。
 

今後のロードバイクでは主流になっていく…なんて言われております。
10年後とかはリムブレーキ、なくなってしまうんでしょうか…。

 
ただ、いいこと尽くしではありませんで、やはりどんなものでもメリットがあればデメリットもあります。

 
その一つが音鳴り問題でして、ローターがきーきーと音を立てることが。
原因と対策を長尾さんに教えてもらいました。
 


20200920_103217







続きを読む »

ホイールを使っていればいつかどこかで(個人差はあれど)振れが発生します。
 

ふつうに使っていればそうそう激しく振れてしまうことはないんですが、それでもやはり起きるときは起きてしまうものです。

 
振れ取り台がないとなかなか作業はしにくいものなので、一般ユーザーさんが身に着けなくても大丈夫なスキルではあります

 
どーやって作業しているのか、スポークの素材と振れの発生の関係について長尾さんに教わってみました。



20200920_115653


 
 
 
 
続きを読む »

ロードバイクやミニベロではタイヤのチューブは仏式であることがほとんど。なので仏式しか使ったことがないよって方も多いかも知れません。
 

ママチャリでは英式が一般的なので馴染みが深いですが、もうひとつ米式というシステムもあります。自動車のバルブは米式なのでクルマと同じ…と考えてもOK。英語表記では SCHRADER VALVE(シュレーダーバルブ)とも書きます。



20200430_171054







続きを読む »

なんでも、カンパニョーロにエンデュランス用ホイールってのが登場したようです。長尾さんと小屋敷さんが話してました。名前は「シャマル・カーボン DB」  っていいまして、DBはディスクブレーキの略です。


まだリリースされたばかりなので商品そのものは店頭にはありません。が、注文することは可能です。どんなホイールなのか長尾さんに聞いてみました。


Img_2672





続きを読む »

リムブレーキ式のホイールはブレーキシューがリムに当たることで利く仕組みですが、ディスクホイールは中心にあるローターとパッドが当たって止まります。
 

ということはですよ…?ホイールそのものはどこも摩耗はしないということですね。もしかして半永久的に使えちゃたりするのでしょうか?

 
ハクセン鳩ヶ谷メカニックの長尾さんに教えてもらいました。



20150704_104813_hdr







続きを読む »

ハクセン鳩ケ谷では長年のお付き合いのあるBOMAさんですが、2020年モデルはちょっと大人チックな雰囲気のカーボンクリンチャーが登場しています。
 

その名はTH-W50TLDです。50という数字はリムハイトのことで50ミリ。35ってのもあります。

 
定価で17万円なんですが、試乗してみた長尾さんと小屋敷さんに印象を聞いてみました。



20200316_16h13_54





 
続きを読む »

ロードバイクのホイールは、使っているうちにフレが生じてしまうものです。ですので、時々はフレの有無を確認して、生じているようならメカニックさんに依頼して取るのがいいでしょう。


スポークの材質がステンレスとアルミとでは、作業のしやすさにちょっと差があるそうで、どういうことか長尾さんに教わってきました。
 


20200208_165826







続きを読む »

ハクセン鳩ケ谷は、ミニベロ専門店ではけっしてないのに、ダホンとTERNがめっちゃ売れるお店です。もはや専門店って謳ってしまってもいいんじゃ・・・・?ってくらい取り扱っていまして、今日はダホンのEEZZ D3について。
 

このバイク、アキボウ版でもインターナショナル版でもかつては存在したんですが、今はディスコンとなっており、買うことはできません。

 
買うことができないとどういう問題があるかというと、スペアパーツの入手が難しくなる…!のです。



20200208_180343






続きを読む »