お客様紹介 Feed

カスタマイズ…ミニベロを所有すると、なぜかその言葉の魔法にかかってしまいます。ときには「沼」と称されることもあり、油断していると数年後にはすっかりカスタマイズの鬼と化す…ことも。(コレを書いている中山がいい証拠)

 
さて、ダホンのDash Altena を最近お買上げになったお客様がいらっしゃったので、今後どんなカスタマイズを控えているのか、もしくは妄想しているのか、根掘り葉掘り訊いてみました。


20171126_110336




人様のカスタマイズプランを訊くとか、あーだこーだ話し合うのって、なぜかむちゃくちゃ楽しいですよね…(^o^)ナンデダロウ…
 
 
 


続きを読む »

クロモリロードバイクは不思議な響きというか、魅力があります。フルカーボンのロードバイクに乗っていても、なぜかクロモリには惹かれてしまうんですよね…。ホリゾンタルなフレーム、細身のパイプ、重さでハンデはあるものの、数値だけでは推し量れない”特別な魅力”がクロモリにはあります。
 
 
ハクセン鳩ヶ谷のお客様、Tさんもそんな一人。
 
 
元々はメリダのロードバイク(カーボン)に乗っていらっしゃいましたが、とある事情で乗り換えになり、選んだのがパナソニックのクロモリロードバイク
 
 
ということで、納車直後の悦びの声をお聞きください。
 
 

20171111_101737

 


珍しいカラー・・・辛子色??
 
 
 
 
 
続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷がタイレルを取り扱い始めてから年末で丸2年になります。すでにかなりのタイレルユーザーがいらっしゃいまして、FX、CX、FSXなど様々な車種が売れていますが、CSIもかなり人気。
 
 
そして、不思議なことに、ハクセンのCSIユーザーはKitt Design のバトンホイールが好きなようで、これまで売れた4台のうち3人が装着するという装着率の高さ。
※これを書いている中山含め

 
今回、新たに納車を迎えたKさんは、バトンホイールだけでなく、なんとR9100デュラエースまで突っ走ってしまいました。納車時点でもはやカスタマイズの余地がないレベルでして、トンデモない1台に仕上がりました。
 



20170902_104444_hdr




しかし、まあなんという1台なのでありましょうか…






続きを読む »

あらゆるサイクリストにとって共通する、切実かつ由々しき問題…それは盗難問題です。愛車がもしも盗まれたことを一瞬想像してみてください。あらゆる負の感情が一気に押し寄せてきませんか?私はその感情に飲み込まれそうになります。
 

ハクセン鳩ヶ谷に、「ロードバイクを盗まれて死ぬほど落ち込んだけど、しばらくして無事に発見されたという奇跡のオーナーがいましたので、経験談をお聞かせいただきました。



20170722_174828




自転車盗難の話は、本当に心臓に悪いですが、目を背けるわけにはいきません・・・!




長い話になったので、前後編でお届けしますよ(^o^)



 
 
 
 
続きを読む »

ミニベロ…。ミニベロのカスタマイズ…。人はなぜミニベロをいじりたくなってしまうのか。ミニベロの魅力は、持っていない人にはなかなか伝わりにくいのです。


タイヤの小さいバイクを、人はなぜこうもいじりたくなってしまうのか。ミニベロ歴8年目の中山もよくわかりません。


ハクセン鳩ヶ谷には何名ものミニベロフリークと言いますか、頭のネジが2本ほど抜けた方(←褒めてます)がたくさんいらっしゃいまして、今回ご紹介するのもそんな1人のおじさんです。




20170701_120557





見たことも聞いたこともないフレームにスラムのREDの組み合わせだと…?








続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷の自転車マガジンを担当する中山の愛車はBOMAのリファールとタイレルのCSI。どちらも甲乙つけがたいほど深く愛しているバイクですが、可愛さ&愛おしさで言えばCSIに軍配が上がります。だって、超カワイイんですもの。


最近、タイレルがハクセンでは人気なのですが、新たなるフレームが入ってまいりました。


マットブラックのCSIとデュラエース9100(紐)です!



20170528_162450




ひゃっはー





続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷のお客様の中には、ガチのヒルクライマーな方々が多数いらっしゃいます。


(ほぼ)毎週のようにヤビツを登っては降り、登っては降りを繰り返すクレージーなハクセン鳩ヶ谷のお客様に、「富士ヒルクライムってどんなレース?」って質問をぶつけてみました。


20170521_111900



ヤビツも楽しいよ!\(^o^)/







続きを読む »

自転車好きには大きく2種類ありまして、ひとつは乗ることが好きだけど、いじるのは人に任せたいタイプ。もうひとつは乗るほうの情熱は薄いかわりにいじることに猛烈な熱意を注ぐタイプ。


中山は前者でして、自らいじり倒すことはしないんですが、ハクセンには「三度の飯より、バイクをいじるのが好きなおじさんが多数生息しています。



20170506_111619




今日もまた、一人の勇者が現れた…







続きを読む »

ロードバイクって、ふつうはドロップハンドルで乗るものですよね。だからこそのロードバイクですよね。


しかし、ドロップハンドル以外の選択肢もあるんです。それが、ブルホーンハンドル。筆者(中山)も3年ほどミニベロにブルホーンという組み合わせで乗っていまして、「すんごく使いやすかった」印象があります。


未体験の方は、たいていルックスで「ちょっと…」と尻込みされるものですが、なんのなんの、ドロップハンドルに負けず劣らずの性能ですよ。


ということで、フェルトのトライアスロン用アルミバイク「S32」をブルホーン仕様で乗るお客様に、バイクの感想を聞かせていただきました。




20170422_173900




ダンディズム溢れるバイク…!








続きを読む »

前回お伝えしたTern のバージュX11をネットリ、じっくり見させてもらっていたところ、ご購入されたお客様が登場。


せっかくなので、納車式を見学させていただきました。


それにつけてもかっこよすぎるぜ。。。ディスクブレーキ仕様のミニベロは。。。




20170319_103640





スラムのコンポーネントはシマノ、カンパニョーロにはない造形的魅力があります。言葉ではうまく説明できませんが、そうなのです。






続きを読む »