ロードバイクのメンテとカスタム Feed

最近のロードバイクは、まだまだリムブレーキが主流とはいえ、かなーりディスクブレーキモデルも増えてきました。2019年モデルはとくにその傾向が強いようで、各メーカーもガンバっていろんなディスクフレームを投入してきていますね。
 

で、ディスクロードのホイールシャフトはスルーアクスルが今では主流のようですが、ちょっと前まではクイックのものもありましたし、廉価版ディスクフレームだとクイックが多かった時代もあったとか

 
クイックシャフトのディスクロードを仕上げていた小屋敷さんにそのへんの事情を聞いてみました。
 



20180818_173842








続きを読む »

ロードバイクやミニベロに乗っていてこんな経験をされたことはないでしょうか?
 

「カン…カン…」

 
とリズミカルに異音がする…どうやら音源はタイヤかホイールかブレーキのあたりなんだけど、ピンポイントで特定できなくてヤキモキ…。

 
何かと何かが触れているのは間違いない。さほど大きな音でもないし、なにか問題が発生しているわけでもなさそうだ・・・ということで放置はしているものの、気にはなってしまう。

 
ということで、そのへんの原因特定について、長尾さんにレクチャーしたもらいました。





20180721_163318









続きを読む »

ハクセンで扱うロードバイクメーカーのひとつに「メリダがあります。
 

メリダとは台湾第二の自転車メーカーで、ジャイアント・マニュファクチャリングに次ぐ。製造工場のある台湾本社の他、1998年にドイツのシュトゥットガルト近郊のマグシュタッドにある、MERIDAヨーロッパR&Dセンターが創設され、自転車の設計は現在そちらで行われていますね
※詳細はこちら
 

スクルトゥーラ4000はエントリーモデルとしてハクセン鳩ヶ谷でも人気の定番モデルなんですが、2019年モデルはいったいどこがどう変わったのでしょう…って、新型105(R7000)が備わったことですね!

 
入荷されたてホヤホヤのバイクを見せてもらいました。




20180901_123517





続きを読む »

自転車のパーツの組み上げ時には、パーツ同士が固着しないようにとか、スムーズに動作するようにとグリスを塗ります。
 

そのグリスですが、ふだん自分でメンテナンスしないサイクリストからすると、「え?グリスって何種類もあるの?1種類じゃ無いの?ってかんじではないでしょうか?

 
じつは何種類もあったり、場所によって使い分けたりしているんですね。ハクセン鳩ヶ谷では主に3種類ほどを使い分けていまして、そのへんのことを長尾さんに教えてもらいました。



20180721_1638111






 
続きを読む »

使っていればいつかは劣化するのはホイールも同じ。ベアリングが劣化したらどうすればいいのでしょうか?劣化具合がチェーンやカセットのようにぱっと見でわからない分、一般ユーザーにはいつ何をしたらいいのか判断しにくい。
 

ということで、長尾さんにその辺のタイミングとか対処法について教えてもらいました。



20180721_161146





 
続きを読む »

自転車は納車前、かならずいろんな整備をやっておくものなのですが、ホイールの振れ取りもそのひとつ。基本的にメーカーから届くホイールはフレていることが多い(というか、調整されてないだけ)ので、店舗側でメカニックさんがすべてチェックしているのです。

 
もちろんハクセン鳩ヶ谷でもそうでして、しっかりと長尾さんや小屋敷さんがチェック&調整をおこなっています。

 
ところで、フレが生じやすいホイールとそうでないホイールの差はあるのでしょうか?そのへんを長尾さんに教えてもらいました。




20180708_152716







続きを読む »

ロードバイクは買ったらおしまいではなく、日々のこまめなメンテナンスが必要になります。自力でケアできなければ、自動車のようにショップに持ち込み、プロもメカニックさんに診てもらうことになります。
 

消耗品等の交換ではなく、全面的にバラしてチェックするのがオーバーホール。

 
ただ、お店に持ち込む時期を決めるのはユーザー本人の判断が元になります。で、肝となってくるのが「いつオーバーホールをするか」なんですね。
 
そのへんの見極め方ってどうすればいいのか、長尾さんに助言を求めました。



20180701_121723








 
続きを読む »

シートポストとフレームって、何年もほったらかしにしていると、カッチカチに固まってしまってネジを緩めても「うわーん!抜けない~~~」ってなることがあります。
 

シートポストとフレームが固着してしまった結果ですね。
 

これ、カーボン、クロモリ、アルミ、チタン・・・の組み合わせ次第で固着しやすかったり、逆にしなかったりするものなんでしょうか?あと、それを防ぐための方法はあるの?
 

ということで、長尾さんと小屋敷さんにアドバイスを求めてみました。


20160418_185043






続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷で密かに・・・いや、ふつうに人気のミニベロはタイレルですが、クロモリロードバイクであるRXが納車間近なのでどんなバイクかご紹介します。(※この記事が出る頃にはオーナーさんの手に渡っていますが
 
 
タイレルと言うと、どうしてもミニベロのイメージが強いんですが、700cのロードバイクも作っているんですよ・・・。クロモリの技術があるので、こういうこともできちゃうわけですね。

 
RXは、「開発から製造まで」のすべてを国内生産にこだわり、厳しい品質・精度管理体制のもと、職人の手によって1台1台作られています。


 
 

20180612_21h55_47





やだ・・・かっこよすぎる・・・






続きを読む »

最近のコンポーネント絡みの話題といえば、やはり新型105じゃないでしょうか。そうR7000系ですね。
 

それと同時に発表されたのが、グラベルやオフロード向けのコンポーネント、ULTEGRA RXです。

 
ん?R8000と何が違うん?って感じるかもですが、リアディレイラーのみのラインアップとなってまして、R8000系ULTEGRAをベースに、荒れた路面でチェーン暴れを防止するためにMTBコンポーネント由来のスタビライザーを搭載しております。

 
「スタビライザーってなんじゃらほい」って方のために、長尾さんにその正体を聞いて来ました。
 
 



20180603_162457









続きを読む »