自転車パーツ Feed

前回、マウンテンバイクには大きく3種類あると書きました。ハードテイル、フルサス、フルリジッドですね。


今回はもうちょっと細かく見ようと思いまして、コンポーネントに着目してみます。マウンテンバイクにはどんなコンポーネントがあるのか。シマノ、カンパニョーロ、スラムなどのメーカーで取り組み姿勢に差があるのか。


前回に続き、長尾さんとねがみん君に教えてもらいました。



20170618_162818







続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷の自転車マガジンを担当する中山の愛車はBOMAのリファールとタイレルのCSI。どちらも甲乙つけがたいほど深く愛しているバイクですが、可愛さ&愛おしさで言えばCSIに軍配が上がります。だって、超カワイイんですもの。


最近、タイレルがハクセンでは人気なのですが、新たなるフレームが入ってまいりました。


マットブラックのCSIとデュラエース9100(紐)です!



20170528_162450




ひゃっはー





続きを読む »

ちょっと前に新型デュラエースがリリースされ、つい最近は新型アルテグラ(8000系)が発表されました。コンポーネント好きとしては見逃せないニュースです。


シマノの電動コンポーネントには「シンクロシフト」という名の新しいテクノロジーが採用されているそうなのですが、どんな技術なのでしょうか。どんなメリットがあるんでしょうか。


長尾さんに教えてもらいました。




20170430_190752








続きを読む »

ロードバイクに乗っていると、他人のコンポーネントに目がいきませんか?どのメーカーのをつかっているんだろう?どのグレードを使っているんだろう?とかめっちゃ気になるはず。私は(中山)は死ぬほど気になります。


で、大半のというか、たぶん9割以上のケースで「シマノ」を使っている人が目立ちます。しかし、中にはカンパニョーロとかスラムなどのマイノリティコンポーネントを使うマニアックなサイクリストもいらっしゃいまして、そういうのを見るたびに、「いつかはオレも…」って夢想してしまうんですよね。


とはいえ、購入後のメンテナンスとか、補習パーツの手に入れやすさ具合も気になるところ。ということで、その辺の事情を長尾さんとねがみん君に聞いてみました。



20170611_120757






続きを読む »

ついに登場した新型アルテグラ、R8000を皆さんはすでにご覧になったでしょうか。サイクリングニュースや雑誌ですでに読んだ方もいらっしゃるかもしれません。


画像を見た限りでは、私は「けっこうデュラエースに似ているな」って感じたのですが、実際にかなり似ています。


新型アルテグラはまだ市場にリリースはされていませんが、ファーストロットは間も無く始まります。ということで、長尾さんに「実物はまだ見てないけど」前提で印象を聞かせてもらいました。



20170604_184952





この表情の意味するところは…????








続きを読む »

ロードバイクにそこそここだわるサイクリストは、コンポーネントもこだわっているもの。シマノでいえば、デュラエース、アルテグラ、105あたりで組んでいる方々が多いでしょう。もしくはティアグラもその中に入ってきますかね。


ソラ(SORA)の下にはクラリスとターニー(TOURNEY)と呼ばれるエントリーグレード向けコンポーネントがあるんですが、ターニーは中でも最も下に位置します。



ターニーがどんなコンポーネントなのか、ちょっと調べてみました。




20170528_161744




ターニーってあんましイケてる感じのネーミングには聞こえないですね…








続きを読む »

アルミのロードバイクとかミニベロを買いますと、否が応でも徐々に「カーボン化したい・・・したいよぉぉぉ」という欲望に襲われます。間違いなく襲われます。100パーセント保証します。


で、フレームは変えられないので、まず考えるのがシートポストとハンドルですね。万単位のパーツ交換なので、「どっちから先にしようか」と悩むはず。


できれば効果を感じられるカスタマイズをしたいところなので、シートポストとはあんどる、どちらがより大きな効果を感じられるのか、長尾さんとねがみん君に聞いてみました。




20161228_103431



好きな人は、素材にもこだわるのです…






続きを読む »

ロードバイクに乗る人の多くはシマノのコンポーネントをお使いだと思います。完成車であれば、まず9割以上がシマノ完成車であるはず。カンパニョーロで組まれたモノ、スラムで組まれたモノもあるっちゃありますが、探さないと見つかりません。


周囲にカンパニョーロやスラムを使っている人がいない場合、なかなか実車で確認できる機会がないもの。試乗会に行けば、カンパニョーロモデルやスラムモデルと巡り合うことも可能です。


まあでも、試乗会ってそう年に何回も出かけないですよね。そこで、カンパニョーロとスラムが気になる方々のために、ハクセン鳩ヶ谷のメカニック陣、長尾さん、小屋敷さん、ねがみんくんの3人に「カンパとスラム、選ぶならどっち?」という質問を投げかけてみました。




20170506_1034391




店長のお気に入りは、スラムのRED etap です…







続きを読む »

自転車のクランクってあるじゃないですか。ペダルからチェーンリングにつながる金属(カーボンの場合もありますが)の棒ですね。


これって、165ミリとか、170ミリとか、乗り手に合わせていろいろな長さが用意されているんです。サイクリストじゃない方は、「え、まあじで?あんなの、1種類しかないって思ってたわ」って感じではないでしょうか。いえ、実はむっさ種類があるんですよ。


ということで、気になるのは「じゃあ自分の体格とか体力にマッチしたクランク長にしたい」ですよね。長尾さんと小屋敷さんとねがみん君に教えてもらいました。



20170422_175458




長さが色々あるなんて、自転車乗ってて数年間は知らなかったよ…><








続きを読む »

ロードバイクって、ふつうはドロップハンドルで乗るものですよね。だからこそのロードバイクですよね。


しかし、ドロップハンドル以外の選択肢もあるんです。それが、ブルホーンハンドル。筆者(中山)も3年ほどミニベロにブルホーンという組み合わせで乗っていまして、「すんごく使いやすかった」印象があります。


未体験の方は、たいていルックスで「ちょっと…」と尻込みされるものですが、なんのなんの、ドロップハンドルに負けず劣らずの性能ですよ。


ということで、フェルトのトライアスロン用アルミバイク「S32」をブルホーン仕様で乗るお客様に、バイクの感想を聞かせていただきました。




20170422_173900




ダンディズム溢れるバイク…!








続きを読む »