2017年7月

ミニベロ…。ミニベロのカスタマイズ…。人はなぜミニベロをいじりたくなってしまうのか。ミニベロの魅力は、持っていない人にはなかなか伝わりにくいのです。


タイヤの小さいバイクを、人はなぜこうもいじりたくなってしまうのか。ミニベロ歴8年目の中山もよくわかりません。


ハクセン鳩ヶ谷には何名ものミニベロフリークと言いますか、頭のネジが2本ほど抜けた方(←褒めてます)がたくさんいらっしゃいまして、今回ご紹介するのもそんな1人のおじさんです。




20170701_120557





見たことも聞いたこともないフレームにスラムのREDの組み合わせだと…?








続きを読む »

ハクセンはアキボウモデルとインターナショナルモデルの両方を扱っております。元々はアキボウモデルを長らく販売していましたが、今年からインターナショナル版もラインナップに加わりました。


ですので、ミニベロの車種、メーカー共にますます広がっております。


今日は、アキボウモデルのほうの2017年モデルのMu eliteを紹介しますね。
じつは特価で販売中なのです・・・。




20170708_144438






続きを読む »

前回、マウンテンバイクには大きく3種類あると書きました。ハードテイル、フルサス、フルリジッドですね。


今回はもうちょっと細かく見ようと思いまして、コンポーネントに着目してみます。マウンテンバイクにはどんなコンポーネントがあるのか。シマノ、カンパニョーロ、スラムなどのメーカーで取り組み姿勢に差があるのか。


前回に続き、長尾さんとねがみん君に教えてもらいました。



20170618_162818







続きを読む »

ロードバイクもミニベロもクロスバイクも、すべてオンロード(舗装路)を走るものです。ようとに差こそあれ、それは変わりません


ではあマウンテンバイクはどうかというと、ちょっととっかかりがわからないというか、ないを手掛かりに検討したらいいかもわかりにくい。

マウンテンバイクはどう始めればいいのか。何を基準に選ぶべきなのか。そもそもどんな機構、構造をしているのか。そのあたりを長尾さんとねがみん君に教えてもらいました。



Imgp1300





続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷の自転車マガジンを担当する中山の愛車はBOMAのリファールとタイレルのCSI。どちらも甲乙つけがたいほど深く愛しているバイクですが、可愛さ&愛おしさで言えばCSIに軍配が上がります。だって、超カワイイんですもの。


最近、タイレルがハクセンでは人気なのですが、新たなるフレームが入ってまいりました。


マットブラックのCSIとデュラエース9100(紐)です!



20170528_162450




ひゃっはー





続きを読む »

ちょっと前に新型デュラエースがリリースされ、つい最近は新型アルテグラ(8000系)が発表されました。コンポーネント好きとしては見逃せないニュースです。


シマノの電動コンポーネントには「シンクロシフト」という名の新しいテクノロジーが採用されているそうなのですが、どんな技術なのでしょうか。どんなメリットがあるんでしょうか。


長尾さんに教えてもらいました。




20170430_190752








続きを読む »