ロードバイクのメンテとカスタム Feed

ロードバイクやミニベロでソコソコの距離を走る方ですと、ローテーションをしながら延命措置を図る方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
自動車でも自転車でも、駆動軸のほうが荷重がかかり、結果的にもう片方のタイヤより摩耗速度が上がってしまうわけですが、それをイーブンにするためにローテをするわけですね。

 
ただ、サイクリストによってローテーションする、しないは変わりまして、そこにはそれなりの理由があるそうな。

 
ということで、長尾さんと小屋敷さんの声を聞きつつ、ローテーションとはどう付き合うべきかを教えてもらいました。
 



20180519_182324







続きを読む »

自転車のチェーン落ち…イライラしますよね。走っている時、ちょっとギアを変速した拍子にガコッと外れ、クランクがスカッと回って一瞬焦る…。

 
見た目でどこに問題があるのかわかりにくく、そのせいで素人は手が出なかったりしますが、どこに原因があって、どう対処すると落ちにくくなるのか、長尾さんに聞いてみました。


 

20180503_105203




納車前の準備に余念のない長尾さん






続きを読む »

ミニベロでもロードバイクでも、最近はディスクブレーキ仕様のものが増えてきています。引きが軽いのに効きは良かったり、天候コンディションに左右されない安定した性能はプラスポイントなのですが、ディスクブレーキならではのトラブルはあるのでしょうか?

 
メカニックの長尾さんに訊いてみました。
 


20180225_133951


 




続きを読む »

ヒルクライムで坂がきつかったりすると、「もう1速、落とせたら楽に走れるのになー」と己のカセットスプロケットの歯数の少なさを呪ったりするものです。
 

ではスプロケットをワイド化して、大きなローギアを使えば全て解説するのかというと、どうもそうではないようです。

 
そのへんのカラクリを、長尾さんに教えてもらいましょう。
 
 
 

20180225_125302

 
 
 
 
続きを読む »

シマノの定番コンポーネント、105(5800系)。その105のフロントディレラー(FD-5801)がマイナーチェンジで上位機種と同じ機構を備えました。まあ、それも結構前のことで、2017年の6月くらいには切り替わっていたのですが、リアディレイラーは?といいますと変更はなし。フロントディレイラーだけのマイナーチェンジです。

 
長尾さんによれば、「そういうこともありますよ」とのことでしたが、現行アルテグラ(R 8000)やデュラエース(R9100)と同様の構造になったことで、どんなユーザーメリットがあるんでしょうね・・・。

 
ということで、長尾さんに教えてもらいました。




20180120_173805









続きを読む »

ロードバイクのハンドルって個性が出る部分だと思うのですが、たまにぺったんこのエアロハンドルを付けていらっしゃる方にでくわします。
 

かっこいいなー、さぞかし空気抵抗が低いのだろうなーとは思うのですが、ぶっちゃけどうなんでしょう?実際に使ってみないと良し悪しはわからないかと思うので、すでに取り付けてけっこうな日数の経っているオーナーさんに感想をお聞きしてみました。



20180218_101004








続きを読む »

新型のシマノのコンポーネント(アルテグラ&デュラエース)が登場してしばらく経ちますが、そういえばGSとSSはそれぞれのリアディレイラーに用意されているのでしょうか?
 

GSとはロングケージのことで、より大きなカセットスプロケットが装着できまして、SSはショートケージなのでGSほどのワイドレシオなカセットスプロケットがつけられません。

 
それぞれに良さがあるのですが、さて、現行のアルテグラ(R8000)とデュラエース(R9100)にはGSとSSはラインナップされているのでしょうか?

 
長尾さんに確認してみました。




20180120_175054








続きを読む »

ロードバイクやミニベロのタイヤは消耗品。ですので、使えば使うほど磨耗するし、走れば走っただけ寿命は短くなります。


タイヤの寿命はその人の乗り方にもよるので一概に「このタイヤなら何キロ走れます」とは言えません。が、一般論として、太いタイヤと細いタイヤではどちらのほうがより長持ちするのでしょうか。

 
長尾さんと小屋敷さんにアドバイスを求めてみました。
 
 
 

20180128_133012






続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷で取り扱っているロードバイクメーカーさんに「BOMA」があります。新興メーカーなので、「あまり見聞きしないような?」かもしれませんが、2006年にできたブランドでして、カーボン繊維商社が前身のASK TRADINGによるものです。
(アスクではなく、エーエスケーと読みます)
 

企画、設計、材料の調達、生産、配送までを一貫して管理するオールインワンシステムなので、安定供給とコストダウンの両方を実現しています。くわしくは公式サイトをご覧ください。

 
 
で、そのBOMAから新型フレームが2018年にリリースされます。公式サイトのラインナップには未掲載(1月下旬時点)でなのですが。フェイスブックページでは情報がリリースされているので、掲載はまもなくかなと。
 
 

どんなフレームなのか、開発モデルに試乗した長尾さんと小屋敷さんに感想を訊いてみました。
 
 

20180120_182526





ほほう・・・これがCIEL(シエル)か・・・









続きを読む »

服でもバイクでもそうですが、平均的な身長、体格、腕や足の長さの人は選択肢が多く、極端に大柄な人や小柄な人は「自分にあった商品が見つけにくい」という不公平があります。


不公平であるのは確かなのですが、こればっかりは平均値に寄せて作られるので致し方ない部分があります。



で、小柄な女性がロードバイクを買おうと思ったとき、フレームとのバランスを鑑みて「650cで…」と考えてしまうこともあるそうです。700cが主流な中で、その判断は正しいのか、小屋敷さんと長尾さんにそのへんの事情について質問してみました。




20150201_151124








続きを読む »