2018年11月

ミニベロ好きならきっとご存知、そうでない人には何が何だか意味不明な話でしょうが、ダホンからステキなミニベロ、「K3」が登場しました。
 

すでに先行販売で今年の夏に登場していますし、ご紹介もしているので、ご存知の方はご存じでしょう。

 

が!ついに2019年モデルとして正式にリリースされています。

 

すでに出ていた「レッド×ブラック」「ホワイト×ブラック」に加え、今回登場するのが「ブラック×イエロー」です。3色の中で最も派手といいますか、インパクトあるカラーの登場です。




20181104_164449






続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷では10月27日、28日の週末に武田産業さんのご協力のもと、大試乗会を開催しました。総勢16台もミニベロがならぶとなかなかに壮観ですね。
 

ちなみにラインナップの中に、1台だけダホンではないミニベロが紛れ込んでいますね・・・。フレームに書かれたメーカー名は「TSINOVA」。なんと読むのだろう…。

 
どんなバイクか、写真多めにご紹介しますね。




20181027_104719







続きを読む »

10月27,28日の週末にハクセン鳩ヶ谷で開催したダホンインターナショナルさんとの共同試乗会で、ちょっとばかり珍しいミニベロがありました。その名も「Curl i4」。フレーム形状がかなり特徴的で、とても小さく折り畳めるミニベロです。

 
ハクセン鳩ヶ谷でももちろん取り扱っているのですが、実車が店頭に無かったこともあって、これまでオーダーがはいったことはありません。が!よーく見てみるとなかなかに面白い構造ですし、他のダホンモデルにはない特徴が備わっています。

 
ということで、写真多めでご紹介してみましょう。



20181027_110219







続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷ではタイレルを扱って2年ほど経つのですが、IVEが一番人気の車種ですかね。それ以外にも、fxとかも出ていまして、その次がCSIでしょうか。

 
CSIは折りたためないフレームですが、スラントでざいんがじつに美しくって、見てて惚れ惚れできます。筆者も持っていますので、そこは自信を持って断言できます。

 
で、フレームが素敵だと、ついホイールもいいのを履かせたくなるじゃないですか。カーボンクリンチャーなんて手を出したくなるじゃないですか。

 
ハクセン    鳩ヶ谷で扱っている、フロント100ミリ、リア130ミリ幅の451カーボンクリンチャーにはどれがあるかを教えてもらいました。



20181020_173918



摩訶不思議な空海Tシャツを着てお届けします。







続きを読む »

ロードバイクやミニベロで長距離走ることになれてくると、検討したくなるのがビンディングシューズ。スキーの板とシューズをがっちゃんこと合体させる要領のを自転車でも使っているわけですね。
 

足をペダルの上に固定すると、ズレにくいわ、足が滑らないわ、効率よく踏めるわでいい事づくめなのですが、やはりどんなものでも劣化しますし、メンテナンスが必要でして、それをサボるとトラブルも起こりえるよ…という話を小屋敷さんに教わりました。
 

 

20150509_115338





続きを読む »

先日、ハクセン鳩ヶ谷のメカニック、長尾さんがEEZZを試乗車用として購入しました。完全に私物なのですが、常時お店に置いてありますので、どなたでも試乗できます。あ、もちろん、折りたたみもやり放題なので、独特のフォールディング機構をお楽しみいただけます。

 
で、そのEEZZをブルホーンにしてみようかという案(あくまで案、です)が出ております・・・。まだアイデアレベルではありますが。なにしろ、自転車カスタマイズが趣味の長尾さんですからね…。ニューマシンが入ると居ても立ってもいられなくなるそうです(笑)。


なかなかEEZZをブルホーンにしようと考える方は少数派でしょうから、もしもやるならこんなかんじですよーというのをお伝えします。
 
 

20181014_1403501






続きを読む »