ホイール&タイヤ Feed

ロードバイクのタイヤと言えば、話題になるのはもっぱら横幅ばかり。


23cがいいだの、いやいや転がり抵抗は25cのほうがベターだの、なんのなんの28cこそ最強ではないかとか、なかなか結論が出ないもの。


しかし、ウェットタイヤというタイプのタイヤもあるそうで、まあ名前から察するにウェットなコンディションに適したタイヤなのは想像できますが、いったいどんなものなのか、長尾さんと小屋敷さんにたずねてみました。



20170430_190759







続きを読む »

ロードバイクのタイヤには、必ず「既定値」が記載されています。上限と下限の間に空気圧を保つことで、パンクリスクを減らし、快適&安全に使うことができます。


ただですね、タイヤの空気圧ってどれだけに設定すべきか、わかりにくいですよね?自分の体重だけで決めてよいのか、タイヤの幅とかホイールは関係してくるのか?体重が軽い女性や超痩せ型のサイクリストはどう数字を決めればよいのか…。


ということで、長尾さん、小屋敷さん、ねがみんくんにそれぞれのお気に入りタイヤと空気圧を教えてもらいました。



20170513_145230







続きを読む »

ロードバイクの世界では、なんだか最近ワイドリムが熱い!的な話をよく耳にします。一般的だった23cのちょい大きめの25cってホイール&タイヤですね。


よく、25cタイヤが履けるホイールに「17c」とかって表記を見かけるんですが、あれってなんのことなんでしょう。17ミリなんでしょうけど、どこを計測しての17ミリなんでしょう?


自転車の規格はわからないことだらけなので、専門家の長尾さんと小屋敷さんに教えてもらいました。




20170325_104716







続きを読む »

ロードバイクのタイヤは大きく3種類。


クリンチャー、チューブラー、そしてチューブレス。初めてロードバイクに乗る人には「なんじゃそれ」って感じかと思います。こんなにタイヤ種類が多いのって、車やオートバイではないですもんね。


クリンチャーは普及率も高く、馴染みのあるタイヤで、チューブラーは決戦用・・・的なイメージがありますが、ではチューブレスは?チューブがないのは名称から連想できても、いったいどんな構造なのか。どんなメリット、デメリットがあるのか?


チューブレスがいまいち未知の道具なので、長尾さんとバイトのねがみん君に訊いてみました。




20170326_110420




これ、チューブレスホイールです。







続きを読む »

このところ、ロードバイクのタイヤは25C化が進んでますね。それにあわせて、ホイールも25c化になっていて、「今度のタイヤは23cと25c、どっちにしようかなー。25cを一度試してみようかなーと考えている方も少なくないはず。


ただ、タイヤを単純に太くすれば乗り心地が良くなるとも限らないそうで・・・。その理由とメカニズムを長尾さんに解説してもらいました。



20170311_185814




眠たそうな表情を見せていますが、そうではありません。空腹のせいでこうなっているのです。ちなみに時刻は19時過ぎ。忙しすぎて昼ごはんは食べれていません…







続きを読む »

ホイール交換……サイクリストにとって、数年に一度のビッグイベント。ある意味、フレーム以上に悩ましい選択と一大決心を強いられます。


サイクリストであれば、そしてロードバイクにハマればハマるほど、遅かれ早かれどこかのタイミングで「ホイール交換(アップグレード)」という選択に直面します。



ホイール選択は苦しくも楽しいプロセスですが、いざ行うとなると、けっこう面食らうことがあったり、様々なパーツを微調整しなければなりません。ポンと交換して、そのまま走り出すことは……まず無理。



20170114_110330




ということで、その辺のコツとか、注意点を小屋敷さんと長尾さんに教えてもらいました。





続きを読む »

タイヤやホイールを交換するとき等、せっかくなので美しく、かつ機能的に行いたいもの。とくにホイールを交換する機会はなかなかないので、手順を忘れてしまったりしてしまうことはないでしょうか。



今回は、ホイール、タイヤ交換時のちょっとしたコツをお伝えしましょう。



20170212_112531



長尾さんは風邪気味です…(´・ω・`)







続きを読む »

コスパの高いロードバイクを買うと、まず間違いなく廉価版のクリンチャーホイールがついてきます。完成車であれば、まずこのパターンですね。


俗称、「鉄下駄」と呼ばれる、やや重めのホイールからロードバイクを始め、慣れてきたり、物欲がむくむく湧いてきたら、次のクリンチャーホイールを物色する・・・これもローディの典型的な成長曲線。


ただ、フレームから組む場合は、ホイールをいきなりチューブラーにすることも可能。「チューブラータイヤは乗り心地いいよ~~」という話はよく聞くのですが、クリンチャーホイールに比べていったいどれくらい「良い」のか、実感が伴いません。


ということで、実際に使っている長尾さんとハクセン鳩ヶ谷のお客さんのSさんに感想を訊いてみました。



20170204_114441



チューブラーって、そんなに良いものなのだろうか・・・







続きを読む »

2016年にTernとkitt design のコラボで20インチのカーボンバトンホイールが出る出るとう話がありました。


TernのSurgeリミテッドでは完成車として市場に現れていましたが、単体で購入できるモノはようやくデリバリーが開始されたそうです


2017年の1月にくるのか?それとも2月なのか?はたまた3月にずれこむのか?いろんな情報が錯綜しており、気をもんだ方もいらっしゃると思います。


そしてついに!「Kitt Custom Carbon Tri-Spoke 451 Wheel Set」がハクセン鳩ヶ谷に降臨しました!



20170204_111602




太い…(*_*)





続きを読む »

最近、ロードバイクホイールのワイドリム化がブームなのか、あちこちで「ワイドリム、どうなのよ?」という会話が交わされています。(筆者の半径5メートル調べ)


ワイドリム化が進んでいるということは、タイヤのワイド化とも無縁ではないはず。まだ23cしか使ったことのない中山ですが、25cも気になる身ゆえ、ワイドリムってどうなんだろうという疑問を長尾さんと小屋敷さんにぶつけてみました。



Vr403






続きを読む »