ホイール&タイヤ Feed

武田産業さんから出ているパンクしないタイヤを備えたママチャリがありまして、ハクセン鳩ヶ谷に2台入荷しました。
 

パンクしないタイヤって、災害用などに使われていることが多いのですが、ハクセン鳩ヶ谷の店長に言わせると、「普段用として通学や通勤に使うのもぜんぜんアリだよ」なんですって。
 

ノーパンクタイヤってこの数年で色々ニュースを見かけているような気がするので、さほど新しい技術じゃないよーな気がするんですが、そこんとこどうなんでしょう?
 

ということで、店長にいろいろ教えてもらいました。
 
 
 

20180321_153732


いったい、どんなメカニズムなのか・・・?







続きを読む »

ロードバイクやミニベロのタイヤは消耗品。ですので、使えば使うほど磨耗するし、走れば走っただけ寿命は短くなります。


タイヤの寿命はその人の乗り方にもよるので一概に「このタイヤなら何キロ走れます」とは言えません。が、一般論として、太いタイヤと細いタイヤではどちらのほうがより長持ちするのでしょうか。

 
長尾さんと小屋敷さんにアドバイスを求めてみました。
 
 
 

20180128_133012






続きを読む »

服でもバイクでもそうですが、平均的な身長、体格、腕や足の長さの人は選択肢が多く、極端に大柄な人や小柄な人は「自分にあった商品が見つけにくい」という不公平があります。


不公平であるのは確かなのですが、こればっかりは平均値に寄せて作られるので致し方ない部分があります。



で、小柄な女性がロードバイクを買おうと思ったとき、フレームとのバランスを鑑みて「650cで…」と考えてしまうこともあるそうです。700cが主流な中で、その判断は正しいのか、小屋敷さんと長尾さんにそのへんの事情について質問してみました。




20150201_151124








続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷の所在地は南関東である埼玉県南部。ですので、本格的に雪がふることは年にそう何度もありません。数年に1回、どかっと降って交通網が麻痺することはありますが、せいぜいそんなもの。


基本的には、さらっと降る程度なので、本格的な冬用自転車タイヤは必要ないのですが、知識として知っておいて損はありませんので、長尾さん、小屋敷さん、ねがみんくんに冬にはどんなタイヤを履けばいいかを教えてもらいました。



20180107_171855








続きを読む »

ロードバイクやミニベロのホイールにおニューのタイヤをはめるとき、なっかなかはまらなくて四苦八苦したことはないですか?

 
ホイールとタイヤの相性もあれば、個体差(精度)の問題もあるので、何が原因か突き止めるのが難しかったりするのですが、もしも買ったタイヤがホイールにはめにくい場合、どうすればいいのか長尾さんとねがみんくんに伝授してもらいました。



20171217_125217


 
 
 



続きを読む »

ロードバイクのタイヤって、なかなか乗り比べるのが難しく無いでしょうか。というのも、交換する時期にはすでに古くなっているわけであり、新品と交換しても、直前まで履いていた劣化したタイヤとの比較になるわけで、真の意味で比較できている・・・訳では無いからです。
 

まあ、それを言ったらいつまでたっても比較なんてできません。細かいことを言えば、タイヤのインプレをするのであれば、その他の条件をすべてあわせなくちゃいけません。これもプロのライダーとかでも無い限り、やはり厳しい。

 
ということで、タイヤのインプレってどーやってすればいいのかを長尾さんに聞いてみました。



20171202_160143






 
続きを読む »

ロードバイクとかミニベロのタイヤ選びって正解がないというか、人によって評価が異なるので、「どれが正しいんじゃ!」って発狂しそうになります。


が、実際問題、ゼッタイはないので自分で正解を見つけていくしかありません。

 
そこで、長尾さんとねがみんくんの好みのタイヤの種類とその理由を訊いてみました。
 
 

20171112_170153




体調崩し気味の長尾さん…








続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷の店頭で、ちょっと珍しいハブを見かけました。真っ青なブルーで輝いています。メーカー名は「クリス・キング」。大都会で一世を風靡したクリスタルキングではありません。クリス・キング、です。
 

アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドにある企業で、ヘッドセット、ハブをメインに作っております。
 


20171111_105951





これがクリスキング…





続きを読む »

ロードバイクとかミニベロのホイールを見るたび、こんなことを思いませんか……「この数限られた本数のスポークがバイクと自分の全体重を支えてくれているなんて…よく折れないものだなあ」と。


相当な荷重がかかっているにもかかわらず、健気に受け止めてくれるホイールのスポークたち。さて、そのスポークたちはリムに対して突っ張ってテンションをかけているんでしょうか?それともリムとハブをそれぞれ引っ張りあうことでテンションを保っている?

 
よくわからないので、長尾さんと小屋敷さんに教えてもらいました。






20171021_103250








続きを読む »

ハクセン鳩ヶ谷がタイレルを取り扱い始めてから年末で丸2年になります。すでにかなりのタイレルユーザーがいらっしゃいまして、FX、CX、FSXなど様々な車種が売れていますが、CSIもかなり人気。
 
 
そして、不思議なことに、ハクセンのCSIユーザーはKitt Design のバトンホイールが好きなようで、これまで売れた4台のうち3人が装着するという装着率の高さ。
※これを書いている中山含め

 
今回、新たに納車を迎えたKさんは、バトンホイールだけでなく、なんとR9100デュラエースまで突っ走ってしまいました。納車時点でもはやカスタマイズの余地がないレベルでして、トンデモない1台に仕上がりました。
 



20170902_104444_hdr




しかし、まあなんという1台なのでありましょうか…






続きを読む »