安全運転&事故防止 Feed

ロードバイクや小径車など、ママチャリに比べてハイプレッシャーなタイヤは、わりとこまめに空気圧をチェックして、補充してあげる必要があります。


中山の個人的心がけとしては、3日空いたら空気を入れなおしますね。泊りがけでイベントに出かけるときは、何があるかわからないので、車にフロアポンプを積んでいきます。


「そこまでする必要はないんじゃないの」とは言われますが、これがけっこう重宝するんですよ。トラブルって、意外に起きますからね。

20160220_174958



誰もパンクはしたくないでしょうから、そうならないためのコツを、長尾さんと小屋敷さんに聞いてみました




続きを読む »

最近、自動車界ではリコール問題で騒々しいですね。


自転車の世界でもときどきリコールは発生します。こないだTernのフレームでもちょいと問題が発生しまして、Tern側が自主的に回収することになりました。


おニューのフレームに取り替えているのは小屋敷さん…いったいどんな理由で改修になったのでしょうか?


20151017_102130



ツートンカラーが( ・∀・)カッコイイ!!





続きを読む »

そろそろ朝晩は冷え込む季節になりました。


日中はサイクリング日和でも、夜はウィンドブレーカーを1枚羽織りたくなったりしますね。


これからますます気温が下がっていくので、本格的な冬到来の前に、長尾さんと小屋敷さんに冬の服装について、アドバイスしてもらいました。


20151011_113831


小屋敷流、とっておきの冬サイクリングの服装術をお教えしましょう……フフフ







続きを読む »

タイヤの規定空気圧は、メーカーや種類やモデルによって千差万別。どの空気圧で乗ればいいのか、どれだけにすれば自分に最適なのか、答えがなくて迷いますよね?


なんとなく、体重が重めだと高めの空気圧にし、軽めの人は低めの空気圧にする……的な雰囲気がありますが、「本当にこれで合っているのか?」と不安に感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか?


そこで、長尾さんと小屋敷さんに「ロードバイクの空気圧の見極め方を訊いてみました。


20140824_082747


最近店長の登場回数が少ないので、強引に無関係な写真をねじ込んでみました。
(ちなみに店長はクリンチャー派です)




続きを読む »

前回、チューブとリムテープ交換についてアドバイスくださったお客様を紹介しましたが、引き続き今度は「ロードバイクでパンクしないコツ」を伝授いただきました。


なんでも、「2年間パンクしていない」とのこと。ローディにとって2年間ノーパンクは大したものです。ちなみに中山は、年に2〜3回はパンクします。



ちょっとした心がけでパンクリスクはぐっと減らせるそうですが、果たしてその内容とは?



20150718_110750


私はガス派です!




うーむ、ポンプより軽量でラクそうだな・・・。






続きを読む »

ロードバイクのタイヤ交換には気を遣っても、チューブやリムテープには注意を払わない方は少なくないのではないでしょうか。


タイヤ同様、チューブもリムテープも消耗品なので、快適に走るには適度にタイミングよく交換する必要があります。



今回は、昨日FELTを納車したばかりのお客様に、どの程度で交換するのがよいのかをアドバイスいただきました。

20150718_103839


寿命が切れたリムテープは、硬化してデコボコになります。





続きを読む »

梅雨の季節は、急な降雨でロードバイクを濡らしながら走らねばならないことがあります。


中山は雨天時はぜったいにロードバイクを走らせないと決めていますが、年に1-2回は雨に見舞われてしまいます。



<関連記事>
※フレーム内に水がタプタプに貯まる恐怖を味わいました……。


濡れたバイクのお掃除法は過去記事「雨の中を走った後のロードバイクのメンテナンス法にも書きましたが、今回はホイールをキレイに保つ方法について、長尾さんと小屋敷さんにアドバイスを求めました。



20150705_114033


雨が続きますよね・・・。(ようやく梅雨明けしたっぽいけど)





続きを読む »

ロードバイクに初めて乗るとき、もっとも高い心理的障壁となるのが「ドロップハンドル」と「ブラケットブレーキ」ではないでしょうか。


どこをどう握ればいいのか? ブレーキの引き方は?指の当て方は? 力の入れ具合は? そして引きしろはどの程度残すべきか? 地味にわからないことだらけです。


今回は、ブレーキレバーを引ききったとき、レバーはどのあたりまで動けばよいのかを長尾さんにレクチャーしてもらいました。


20150509_105251






続きを読む »

ロードバイクは、フラットなハンドル部分に補助ブレーキを追加することができます


完成車でも最近はあまり目にする機会は少ないですが、「つけてほしい」とお願いすれば基本的にはどんなロードバイクにでも装着できるこの補助ブレーキ。どんな人に適しているのか、その良し悪しをサクッと解説します。



Imgp0265


いまハクセンには置いてあるロードバイクには装着されているのがなかったので、写真は少なめです。
m(_ _)m





続きを読む »

ロードバイクやミニベロなど、自転車は乗っているうちにどうしてもガタがきます。

わかりやすいところで言えば、ホイールのフレとか、ハンドルのガタ。放っておくと危険なので早急に対処したほうがいいのですが、ハンドルのガタってみなさんはどうメンテナンスされていますか?


たとえばロードバイクで、「ハンドルにガタがきたかな?ちょっとぐらつくかな?」ってなったとき、「きっと、ここ(下の写真参照)のボルトを増し締めすればいいんだろうって思ってはいないでしょうか?

じつはこれは間違いであるらしいのです。ハクセン鳩ヶ谷の長尾さんに解説いただきましょう。


20150404_110557


まず締めるべきは、ここのネジではないんですね・・・。






続きを読む »